症状がないのは健康の証?

人材不足 雇用 採用には健康経営

三河 豊橋で中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます
中小企業のマザーテレサこと
いきもの
たり工房 産業看護師
です

健康経営の取組みのひとつに

受診勧奨があります。

受診勧奨って??ですよね

健康診断した結果

皆さんの企業ではどうしていますか?

ほとんどの企業には産業医 看護師がいません

だから、総務の方が

『はい、これ健診結果です』って

封筒を渡してくれるだけになってないでしょうか

これでは

封筒を貰っても封を開けず

健診結果も???

精密検査になっていても

誰も気づきません

また、封を開けたとしても

AST ALT γ-GTP HDL LDL 
この暗号はなんなんだ??

数値も読めない

“なんのコッチャ” になってないですか

もし、あなたの企業に看護師さんが居たら

『白血球が高く精密検査にですね』
『健診時、風邪とか歯を抜いたとかなかったですか』
『タバコは吸っていますか』などなど

ただ精密検査に行ってもらうだけでなく

精密になったものを問診で

原因を追究していきます

そうすると なにがイイのか

もしかすると

精密検査に行かなくても良くなるかもです

余分な検査、医療費も削減できます

でもやっぱり

病院で精密検査が必要な方に関しては

きちんと面談して

今回の異常数値の説明をして

どんな検査をするのか伝えて

安心 安全に受診して頂けるように

“受診勧奨” します(^_-)-☆

従業員の方からは

『もしこの受診勧奨面談がなかったら
きっと怖くって病院に行かなかったかも』

『きちんと健診内容を説明してくれたので
安心して精密検査にいけます』などなど

超うれしい言葉を頂けています(^O^)

産業看護師は受診勧奨で健康予防しています