健康セミナー(富士山)

健康経営 できることからはじめよう
健康セミナー』実践編

三河 豊橋で中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます

中小企業のマザーテレサこと
いきもの
たり工房 産業看護師です。

令和を迎え

10連休をどのように過ごされましたか?

私はこの時期は毎年

『富士山』に行き

元気 と 健康 を頂きてきます(^_-)-☆

前日まで雨で

富士山がみれるかなぁと

心配していましたが

雄大な富士山が

 

私たちを温かく迎えてくれているようでした

もう興奮=^_^=

わあ わぁ 

今年もきれいな富士山が

観れたことに感謝 感謝です

『ありがとう~ 富士山』

みなさんにも『健康の源』を

お・す・そ・わ・け

 

雲の中で “ほうとう” もいただきました。

令和も“健康経営”をお手伝いさせて頂きます(^O^)

 

 

『健康診断』 健康経営 実践編Ⅱ

健康経営 できることからはじめよう 『健康診断』 実践編

三河 豊橋で中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます

中小企業のマザーテレサこと
いきもの
たり工房 産業看護師です。

 

健康診断した後

1か月ぐらいすると

封筒に入った健診結果が届きますね

まずは、封を開けて

中身をこっそり見ます

そして オッと驚かれる(*_*;

その結果

僕のじゃないよね

精密って??

どこも痛くないし何ともないから

このまま封をしちゃおう~

 

そんな経験はないでしょうか?

異常があると認めたくないですよね

また、企業側も健診結果の内容までは把握できていません

  • 検査結果の説明をわかりやすく説明してくれる
  • どんな精密検査が必要か費用はいくらぐらいか教えてくれる
  • どこの病院に行ったらいいのか一緒に調べてくれる
  • 精密、再検の箇所でけでなく自分自身のすべてをみてくれる
  • 職場での仕事内容にも関連したしてくアドバイスをしてくれる

こんな説明をしてくれる人がいたらどうですか?

従業員の方と看護師との会話を聴いてみてください
(便鮮血で再検査の方の事例) 従業員=(従) 看護師=(看)

従)『あのさ、僕の体は僕が一番知っているからほっといてくれる』

看)まあ まあ まずは座ってお話しましよう(^O^)
≪座ってお話を聴くことで気分が落着き
耳を傾けてくれるようになります≫

従)『病院に行けっていうんでしょう』
『仕事が忙しくって時間がないからいかないよ』

看)仕事、忙しくって大変ですね。
もっと 健康でバリバリ仕事して欲しいと
私も会社も家族の方も想っていますよ。

従)『家族のためにも健康でバリバリ働きたいと想っているよ』
『で、今回どんな検査をすればいいの?』

看)先生によっては再度、検便を提出してもらうことも。
また、下剤を飲んで腸の中をきれいにしてから
肛門からカメラ入れて検査することがあります。

従)『ちょっと怖いけどいろいろ検査のこと病気について
教えてくれたので安心して検査に行ってきます』

※このように、きちんと安心して受診していただけるように(^O^)

受診勧奨(じゅしんかんしょう)とは
健診→健診結果→結果説明→病院受診→結果報告
までの流れをきちんと説明、理解して頂き
健康になって頂く取組みを云います。

 早期発見 早期治療 が大切ですね

 

 

 

 

 

 

 

とよはし健康宣言事務所を応援

健康経営の取り組み(できることからはじめよう~)

 

三河 豊橋で中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます

中小企業のマザーテレサこと
いきものがたり工房 
産業看護師です。

2019年度 健康経営優良法人認定の発表があり

2020年度の健康経営にすでに多くの企業さまが

取り組み始めている事でしょう

2019年度 健康経営優良法人認定に

豊橋商工会会議所も認定されました

2019年4月から
豊橋商工会議所+協会けんぽと連携して
健康経営を取り組む事務所を
『とよはし健康宣言事務所』として認定する
取り組みをはじめました

 

是非、この機会に

『健康宣言』をして

できることから『健康経営』の取り組みをはじめましょう

いきものがたり工房も『健康経営』に
取り組まれる企業さまの応援させて頂きます

 

健康経営の具体的取り組み(できることからはじめよう~)面談編その②

健康経営』 できることからはじめよう~ 職場復帰面談編

三河 豊橋で中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます

中小企業のマザーテレサこと
いきものがたり工房 
産業看護師です。

骨折 病気 ケガ みなさんの職場では

どんな感じで職場復帰していますか??

そりゃー 病気が治ったら

すぐ仕事についているよ

えっ (~_~;)

もし もし

足を骨折していた社員さんが

仕事復帰したら

  • 入院前と同じように働けるかな
  • 仕事しながら病院受診できるかな
  • 歩く距離が多いけど大丈夫かな
  • 痛み、むくみがでたらすぐに休めるかな
  • 階段があるけど大丈夫かな

かな かな状態(ー_ー)!!

病気 ケガ などで職場復帰するとき

産業看護師が面談して

この “かな” “かな”について

  • 今、病院へはどのくらいで通院してますか
  • 先生から注意されている事はありませんか
  • 元職場までには階段があり昇り降りがありますが大丈夫ですか
  • 痛みやむくみはありますか
  • 他に仕事に復帰したとき心配なことはありますか

などなど 

社員さんの今の不安や状態を聴き

安全に安心して職場復帰できるように

職場復帰面談をします(^_-)-☆

職場復帰面談内容においては

企業に面談内容を伝え

社員さんが『安全』 『安心』して職場復帰できるよう提案

  • 働く時間を調整していただいたり
  • 様子みながら徐々に元の仕事ができるように様子観察したり
  • 一旦は職場変更していただいたり
  • 病院受診できる時間を考えていただいたり

こんな感じで職場復帰面談することで

安心して仕事復帰がスムーズにできています

ねぇ 職場復帰面談は大切だと思いませんか

これぞ 『健康経営』だと思いませんか??

『健康経営』
その他なんでも相談もお持ちしています。

 

 

健康経営の具体的取り組み(できることからはじめよう~)コミュニケーション編

『健康経営』できることからはじめよう~                                 企業内のコミュニケーション促進する取り組み

社長から

『健康経営』に関連させた避難訓練をしたい

 

 

健康経営と避難訓練をですか??

 

考えてみます(~_~;)

 

健康経営と避難訓練を

どう結びつけたらいいのか?

 

ピンチはチャンスと捉え

考えてみました

 

あっ そうだ

ヒラメキマシタ

 

 

避難訓練の後で応急処置法をしよう(^O^)

まだ、だれも考えやってない

応急処置をしよう

 

ただの応急処置ではなく

従業員のみなさんが

自ら考え、行動し

仕事につなげれるものにしよう

 

 

ということで

 

“社内にあるもので応急処置法ができる”

 

をテーマに実施しました

 

 

お題は

①鎖骨骨折時の応急処置

②頭部外傷の応急処置

③大腿部大量出血の方の搬送

④段ボールトイレ作成

まず、私が

応急処置法、段ボールトイレを

レクチャーして、

そのあと4グループに分かれて、

 

各お題に使えそうなものを

社内から社員同士

コミュニケーション取りながら

協力し考え・実施・改善

 

この

“社内にあるもので応急処置法ができる”

の効果として

 

①イザという時の応急処置ができる

②自ら考え行動し創意工夫ができる

③コミュニケーションの場となる

④災害時、地域周辺の方への応急処置ができる

⑤楽しく応急処置が学べる

 

☆“社内にあるもので応急処置法ができる”

を実施し、その創意工夫点、

カイゼン点をっ各グループ毎に

発表して頂きました。

 

実施後の感想

◎従業員の皆さまより

  • 今まで社内にあるものが応急処置に使えるとは思っていなかった
  • イザという時このような経験が役にたつと思う やらないよりやって身についた
  • こんなに楽しく身になる研修ははじめて
  • 家に段ボールトイレ作ってイザという時に備えます

 

◎管理職の方より

  • 社員のみんながこんなに楽しく笑顔で取り組める研修は初めて
  • 企業としての地域の方々への役割を意識する機会となった
  • 応急処置法での創意工夫が職場でも活かせると感じている

健康のPDCA
コミュニケーション
生産性向上
地域貢献
社員のモチベーションアップ

に繋がる

“社内にあるもので応急処置法ができる”になりました(^O^)

 

これこそが『健康経営』ですね(^_-)-☆

 

次回はストレスチェックについて

お話したいと思いますので

また、観にきてくださいね。

 

# 健康経営

# 東三河

# 三河

# 豊橋

# コミュニケーション#地域貢献