もし社員が感染症に感染したら??

Pocket

健康・安全・安心な環境づくり「出前保健室」

中小企業の出前保健室
いきもの
たり工房 産業看護師です。
資格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP専門家登録

お久しぶりです。

みなさんお元気ですか

前回投稿してから今日を迎えるまでに

社会は大変変化してしまいましたね

私は何をしていたの? と問われると

こんな社会になって

いままで「健康」って大切だよねって

漠然に想っていた企業さまから

“社員がコロナになったらどうしたらいいの?”
“少しでも体調が悪い場合は休ませた方がいいの?”
“その場合、2週間は様子見た方がいいの?”

などなど 社員の方の健康管理について

多くの企業様から相談があり
(ありがたいことです)

忙しくしていました

以前もお伝えしたと思いますが

事業継続強化計画には

今回のような感染症に対しても必須

いくつかの企業さまで

オリジナルの「感染症予防マニュアル」を

支援させていただきながら作成しました

例)
・37.3℃で他の症状がない場合はいつまで自宅待機させればいいのか?
・体温チエックの時間帯はいつがいいのか?
・平熱が35.5℃の人は36.5℃なら自宅待機させたほうがいいのか?

上記のような厚生労働省の判断基準だけでは
判断できない細かな部分について
医療専門家としてアドバイスさせていただきました

企業さま、社員のみなさんからも

「安心して働くことができています。」と

そのお言葉を聴かせていただき

私の免疫力もアップ↑

支え合い頑張っています

追伸
ただいま、PRtimes さんに投稿していただけるよう
プレスリリース作成中です
お楽しみにしていてくださいね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です