製造業、ものづくり企業の出前保健室

Pocket

人材不足 雇用 採用には「出前保健室」

三河 豊橋で製造業ものづくりをされている
中小企業さまと一緒に
『健康経営』に取り組んでいます
中小企業の出前保健室
いきもの
たり工房 産業看護師
です

いきものがたり工房は

心機一転

製造業の中小企業さまの

出前保健室 産業看護師として

自分らしく支援させていただきます。

宜しくお願いいたします。

具体的に何をしていくれるの?ですよね

健康診断をした結果を見るとき

私はどこを見ているかというと

血液検査結果ももちろん見ます

それと同時に聴力をみます

製造現場の騒音作業を

長年勤務している方は

高い音(高音域)の聴力低下がみられます

健康診断判定では聴力に関しては

再検査・精密がでません。

しかし、私は聴力に注目して見ます

なぜかというと

高音域の聴力低下に伴い

社員さん同士のコミュニケーションがとれていない

指示・命令がはいらない

そのため、その人は

周りからは仕事ができない

指示命令が伝わらない

人づきあいが悪い などなど

思われてしまいます

本当は聴力が悪く聞き取れないだけ

周りの社員さんがそのことを把握していたら

近くで大きく話したり

筆記で伝えたりして

お互い仕事がしやすく

コミュニケーションもとれるようになります

その人のそこに気づいてあげることが大切です

働きやすい職場づくりには

その人を思う思いやりが大切ですね

このように、聴力ひとつとっても

そこから広がる問題点・改善点がみつかります

私たち産業保健に関わるものは

みんなが安心・安全に働けるよう

サポートするのが仕事だと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です