新型コロナウイルス感染症に感染したらどうしたらいいの?

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室
kenkons888@gmail.com

突然、その日は訪れるかも

朝起きたら、体がだるい

熱を測ったらなんと38.5℃

びっくり ビックリ

これはコロナに感染したのか??

新型コロナウイルスに感染した場合

濃厚接触者になった場合

“どこに連絡したらいいの??”

ず、地域管轄の“帰国者・接触者相談センター”にTEL

帰国者・接触者相談センターでは

症状を聞かせていただき

かかりつけ医院の受診の仕方

PCR検査についてお伝えしています

 

「感染したかな?」と不安があれば

直ぐに病院受診はしないで

まずは、帰国者・接触者相談センターに電話してくださいね

 

 

 

 

PR TIMES さんよりプレスリリース 発信

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室
kenkons888@gmail.com

PR TIMESさんよりプレスリリーを発信しました。

プレスリリース発信までの道のりは

遠く とおく

豊橋信用金庫さん
PR TIMESのスタッフさん他

多くの方のご支援をいただきながら

2020年8月に発信させていただきました。

いつも自分は周りの方々に支えられています。

感謝 感謝ばかりです。

ありがとうございます。

自分もこのコロナ禍で

誰かのためにできること

それをプレスリリースで書いてみました。

もしよろしければ観ていただけると

嬉しいです(*^_^*)

 

「いきものがたり工房」
働きやすい職場にしたい
社員の健康を大切にしている中小企業向けに
社員1人ひとりに寄り添い
心と体の健康管理サポートをしています。

これは社員の健康管理はもちろん
社員1人ひとりの意識改革につながります。

ただ単に医療専門家が健康管理するのとは異なり
私のサポートで働きやすい職場になり
離職者・労災防止へと繋がっていきます。

今年の夏の過ごし方

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室
kenkons888@gmail.com

今年の夏の過ごし方

コロナ禍、今年の夏は自粛ムード

我が家も初盆ですが、家族のみで

ご先祖さまと一緒に父の初盆をします

迎え火を焚いてお迎えします

来年はいつもの夏が迎えれますように

 

 

「いきものがたり工房」
働きやすい職場にしたい
社員の健康を大切にしている中小企業向けに
社員1人ひとりに寄り添い
心と体の健康管理サポートをしています。

これは社員の健康管理はもちろん
社員1人ひとりの意識改革につながります。

ただ単に医療専門家が健康管理するのとは異なり
私のサポートで働きやすい職場になり
離職者・労災防止へと繋がっていきます。

看護師さんの裏技 感染症対策

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室
kenkons888@gmail.com

働きやすい職場にしたい
社員の健康を大切にしている中小企業向けに
社員1人ひとりに寄り添い
心と体の健康管理サポートをしています。

これは社員の健康管理はもちろん
社員1人ひとりの意識改革につながります。

ただ単に医療専門家が健康管理するのとは異なり
私のサポートで働きやすい職場になり
離職者・労災防止へと繋がっていきます。

 

看護師はなぜ?? なぜ??

あんなに病気の人と接しているのに

感染症にならないの?

不思議ですよね(^_^)

そこには、看護師の裏技があるんですよ~

看護師になる勉強では

「清潔」 「不潔」をきちんと学びます

消毒法 薬理学 解剖学 公衆衛生・・

看護に必要な勉強は山積み

看護師の裏技には

医学の学習と看護の経験から

生み出されるのです(^_^)

 

 

今を生きる健康経営の取組み

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室

 

ある営業マンの方は

「企業からしばらく来ないで」って

いわれて、仕事が減収している状況ですと

私も起業したばかりの時は

「健康? うちは間に合っているから大丈夫」と

話もろくに聞いてくれないことが多々ありました

それが 今は

「感染予防のこと誰に相談したらいいの?」

「熱があったらいつから出勤させたらいいの?」

などなど

ありがたい事に問い合わせが増えてきています。

 

今だから いまこそ

生き抜く「健康経営」が必要ではないでしょうか

私にとって

関わらせていただいている企業さまは

家族と捉え

社員の皆さんは

かわいい子どもたちなのです

母が家族の健康を想い

家族を守る

当たり前のことです。

私は企業の“マザー”として

家族の健康を守るお手伝いを

今だからこそ 必要としてくれる

家族のために生きる健康経営を提案していきます

 

 

屋 号:いきものがたり工房 個人事業主
代 表:岡田和子
創 業:2016年8月8日
事 業:中小企業 健康経営支援
資 格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP)
事業内容:企業研修講師として活動しています
(熱中症予防対策・感染症予防・健康診断結果の読み方・メタボ対策)

取引先:50人以上の製造業・建設業・建築業・クリーニング業・医療機関
展 望:・社員の方が「安心」・「安全」・「健康」な環境で永く勤務できる環境を
整えるお手伝いをしていく。
・地域の企業さまが未来に向うお手伝いをしていきます。
・自分の活動が地域活性、企業の繁栄、社員・家族の健康につながるようにします。

企業の動脈硬化は大丈夫!?

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室

産業看護師の目で

企業様を血管に例えて

観たら

あら あら

「動脈硬化になりそう」!

「心筋梗塞」・「脳梗塞」になる前に

企業は「健康経営」をして

健康予防に気をつけましょう(^_^)

 

 

 

屋 号:いきものがたり工房 個人事業主
代 表:岡田和子
創 業:2016年8月8日
事 業:中小企業 健康経営支援
資 格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP)
事業内容:企業研修講師として活動しています
(熱中症予防対策・感染症予防・健康診断結果の読み方・メタボ対策)

取引先:50人以上の製造業・建設業・建築業・クリーニング業・医療機関
展 望:・社員の方が「安心」・「安全」・「健康」な環境で永く勤務できる環境を
整えるお手伝いをしていく。
・地域の企業さまが未来に向うお手伝いをしていきます。
・自分の活動が地域活性、企業の繁栄、社員・家族の健康につながるようにします。

健康診断って必要??

 「健康」「安全」「安心」な職場環境づくり「出前保健室

産業看護師が伝える「健康診断結果の見方 part1」企業研修

 

従業員さんの声が聞こえます

・採血痛いし嫌だ

・お腹の周りを測られるの嫌だ

・なぜ、健康診断しないといけないの

・バリウム飲みたくない

・精密検査がでたらどうしよう・・

でも でも・・・

・永く健康で居たい

・家族のために健康で居たい

なんて心の声も聞こえてきます

私も実は健診は嫌いです

えっ 健康診断を受けましょうって

言っている看護師がそんなこと言っていいの??

そうですよね(^^;)

健康診断が“テスト”だと例えると

テストは受けるけど

テストが帰ってくるとき

ドキドキ 不安だと感じたことないですか

「テスト」と「健診」は

結果が怖くないですか??

健診結果の封を開けるとき

うす目で

ゆっくり ゆっくり開いて

正常~ 観た途端 “ほっ”

これが

「今回の健診で異常がありますので精密検査が必要です」

なんて観たら “ガァ~ん”

そんな経験ないですか?

次回の投稿
産業看護師が伝える「健康診断結果の見方 part2」企業研修
「自分の体をのぞいてみましょう」です

屋 号:いきものがたり工房 個人事業主
代 表:岡田和子
創 業:2016年8月8日
事 業:中小企業 健康経営支援
資 格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP)
事業内容:企業研修講師として活動しています
(熱中症予防対策・感染症予防・健康診断結果の読み方・メタボ対策)

取引先:50人以上の製造業・建設業・建築業・クリーニング業・医療機関
展 望:・社員の方が「安心」・「安全」・「健康」な環境で永く勤務できる環境を
整えるお手伝いをしていく。
・地域の企業さまが未来に向うお手伝いをしていきます。
・自分の活動が地域活性、企業の繁栄、社員・家族の健康につながるようにします。

 

 

 

 

 

 

看護師が伝える「熱中症予防対策」

健康・安全・安心な環境づくり「出前保健室」

 看護師が伝える
「熱中症対策」・・企業研修

今からできる「熱中症予防対策」企業研修

「社員が熱中症で倒れたらどんな応急処置法したらいいの??

「社員が“けいれん”していたら 何をしたらいいの??」」

そんな場面ではどうしたらよいのでしょうね

看護師の視点からお伝えしました

☆セミナー参加者の声

・とてもわかりやすかったです

・救急車を呼べばいいと思っていましたが
到着までにできることがあることに気づきました

・他の社員にも対処法を教えて欲しい などなど

この企業研修での“気づき”から

1人でも多くの方の命を守ってくれることでしょう

「いつもとちがう」

その感覚が重傷を防ぐことができます。

ただ、今年の夏は

“マスク” をしたままだから

暑さ倍増!

意識して熱中症予防対策してくださいね

 

 


                      

いきものがたり工房いきものがたり工房

屋 号:いきものがたり工房 個人事業主
代 表:岡田和子
創 業:2016年8月8日
事 業:中小企業 健康経営支援
資 格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP)
事業内容:企業研修講師として活動しています
(熱中症予防対策・感染症予防・健康診断結果の読み方・メタボ対策)

取引先:50人以上の製造業・建設業・建築業・クリーニング業・医療機関
展 望:・社員の方が「安心」・「安全」・「健康」な環境で永く勤務できる環境を
整えるお手伝いをしていく。
・地域の企業さまが未来に向うお手伝いをしていきます。
・自分の活動が地域活性、企業の繁栄、社員・家族の健康につながるようにします。
・みなさまの健康・笑顔のお手伝いのため『健康華』をつくって届けていきます。

 

 

 

 

 

もし社員が感染症に感染したら??

健康・安全・安心な環境づくり「出前保健室」

中小企業の出前保健室
いきもの
たり工房 産業看護師です。
資格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP専門家登録

お久しぶりです。

みなさんお元気ですか

前回投稿してから今日を迎えるまでに

社会は大変変化してしまいましたね

私は何をしていたの? と問われると

こんな社会になって

いままで「健康」って大切だよねって

漠然に想っていた企業さまから

“社員がコロナになったらどうしたらいいの?”
“少しでも体調が悪い場合は休ませた方がいいの?”
“その場合、2週間は様子見た方がいいの?”

などなど 社員の方の健康管理について

多くの企業様から相談があり
(ありがたいことです)

忙しくしていました

以前もお伝えしたと思いますが

事業継続強化計画には

今回のような感染症に対しても必須

いくつかの企業さまで

オリジナルの「感染症予防マニュアル」を

支援させていただきながら作成しました

例)
・37.3℃で他の症状がない場合はいつまで自宅待機させればいいのか?
・体温チエックの時間帯はいつがいいのか?
・平熱が35.5℃の人は36.5℃なら自宅待機させたほうがいいのか?

上記のような厚生労働省の判断基準だけでは
判断できない細かな部分について
医療専門家としてアドバイスさせていただきました

企業さま、社員のみなさんからも

「安心して働くことができています。」と

そのお言葉を聴かせていただき

私の免疫力もアップ↑

支え合い頑張っています

追伸
ただいま、PRtimes さんに投稿していただけるよう
プレスリリース作成中です
お楽しみにしていてくださいね

 

 

感染症予防 手洗い うがい マスク

BCP 人材不足 雇用 採用には「出前保健室」

事業継続強化計画 実践編
中小企業の出前保健室
いきもの
たり工房 産業看護師です。
資格:正看護師・応急処置指導員・第1種衛生管理者
ストレスチエック実施者・ミラサポ専門家登録(BCP専門家登録

 

日本中 世界中を騒がせている

新型コロナウイルス(>_<)

クラスター(集団)・パンデミック(感染爆発)

その言葉を聴くだけで

不安がいっぱいに

でも、私たち医療関係者は

“なぜ 感染症になりにくいでしょうか?”

そのポイント・裏技をマスターすれば

怖くないですよ ばいバイ菌!(^^)!

いきものがたり工房 保健だより を参考にしてね

 

 

 

 

 

お問合せはこちら
🌸いきものがたり工房 https://kenko-ns.com/

熟練した看護師が働きやすい職場づくりを目指いしています
    企業×医療で安全・安心をサポートします

「社員の健康管理をどのようにおこなっていいのかわからない」

「感染症対策について誰に相談していいのかわからない」

「コロナやインフルエンザの時、会社として何をしたらよいのか」

🌸いきものがたり工房はお客様に直接お逢いして
社員の「心」と「体」の健康サポートしています。

FB:https://www.facebook.com/いきものがたり工房-1476050962646131/
ホームページ:https://kenko-ns.com/
ブログ:https://kenko-ns.com/blog/wp-admin/post-new.php